【持続化給付金】スムーズな申請のためのポイント6つ!

LINEで送る
Pocket

 みなさん、こんにちは。
 緊急事態宣言延長で先行きが見えない不安感がありますね・・・。
 事業者の支援策として持続化給付金の申請が始まっていますので、申し込みしてみました。それほど迷うところはなかったのですが(このあと不備など通知されるかもしれませんが・・・)、気がついたところをいくつかメモ的に書き残しておきます。

持続化給付金トップページ
持続化給付金申請ページ

 https://www.jizokuka-kyufu.jp/
 ↑申請はこちらから。詐欺サイトなどもあるそうなのでお気を付けください。
 詳細は避けますが、要は今年1年間で去年の同じ月の半分以下の売上になってしまった中小事業者であれば助成対象となります。
 すでにそんな状況になってしまった事業者もいるでしょうし、これから影響が出てくる事業者もいるかと。助成対象になってはいても計算式に当てはめて、満額出ないようであれば、もう少し様子をみるのもありかな、と。
 うちは4月の時点で充分すぎる条件の満たしようだったので、さっそく申請してみました。

 「申請する」を押下すると仮登録画面になります。

登録画面
仮登録画面

 必要事項を入力するとメールがすぐに届きますので、リンク先をクリックして本登録へ。以下に気づいた点を箇条書きにしておきます。(うちは株式会社なので通常の法人の場合になります。)

・必要な画像は6枚。あらかじめ用意しておいた方が作業がスムーズ
 ①確定申告書の別表1(「収受」印のある控え)
 ②③法人事業概況説明書の表と裏
 ④⑤法人名義の通帳の表紙と開いたページ
 ⑥対象月の売上台帳(形式自由)
 迷わないよう「beppyou1」「gaikyo1」「gaikyo2」という感じで、わかりやすいファイル名にしておきました。日本語のファイル名の方がわかりやすいと思いますが、エラーが出る可能性があるので、普段からなるべく使わないようにしていますので、今回も半角のみで。

・パスワードの条件に注意!
 「少なくとも次のものを含めてください」として「8文字以上」「1個以上の文字」「1個以上の数値」と書かれていますが、ちょっとあやしげです(その後修正されているかもしれません)。パスワード設定の際によく言われる「8文字以上」「1個以上の大文字」「1個以上の数字」だと解釈して入力すると、すんなり通りました。

・マイページをブックマークしておくと便利かも
 登録が終わってログインするとマイページになります。これをブックマークしておきました。

・保存ボタンはないけど保存はできる(っぽい)!
 入力は4ページにわたります。途中で作業をストップさせなければならないことも出てきますが、保存ボタンのようなものはありません。私も作業を中断しなければならなくなりましたが、消えてしまってもすぐ再現できるくらいまだ最初の段階でしたので、ダメ元でブラウザを閉じました。その後、ブックマークしておいたマイページを開くと入力しておいた内容が保存されてました。たまたまかもしれませんが・・・。

エクセルでのシミュレーションはうまくいかなかった!
 「資料ダウンロード」にあるエクセルファイルを使って、試算してくださいという説明になっていますが、私はこのエクセルに入力しても「不給付」というエラーが出ました。
 中小企業向け補助金・支援サイト「ミラサポ」では給付額シミュレーションツールが用意されていますので、私はこちらを使って計算しました。
 ・・・で、実際に入力してみてわかったことですが、申請ページに必要事項を入力していくと勝手に計算してくれるようなので、対象月などがわかっている場合は事前にシミュレーションしなくてもいいかもしれません。

・金額は半角で数値のみを入力!
 「年間事業収入(A)」「対象月の月間事業収入(B)」「売上減少の対象月の前年度売上額」の入力欄があります。ここは「半角数値」と書いてありますので、単位の「円」をつけずに入力しましょう。「円」をつけて入力したところ、「A-B×12」は「円」付きで自動計算してくれたのですが、「給付予定額」はうまく出てきませんでした。
 数値のみを半角で入力すれば問題ないようです。

 実際に申請してみて気づいた点は以上です。
 名前が似ている持続化補助金に応募したときとは比べものにならないくらい、簡単に申請することができました。申請内容に問題なければ2週間ほどで振り込まれるとのことですが、さてどうなるか!?

≪追記≫2020年5月20日に無事、入金されました。

あわせてお読みください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください