【陶芸教室の課題】焼きあがるまでわからない!?三島手に挑戦!

LINEで送る
Pocket

 みなさん、こんにちは。
 今日は午後から陶芸教室、午前中は荷物の発送やら教室の準備やらでばたばたと過ごしていましたべえです。
 そろそろ陶芸教室に向かわなければ~。

 ちなみに先週の陶芸教室で作った作品はこんな感じでした。


 赤土で器を作り、印花で模様をつけ、その後、白化粧土を塗りさっと拭いてあります。
 鍋などでよく見かける三島手という技法ですが、白化粧土の塗り方は焼き上がりを確認しながら何度か試してみる必要がありそうです。
 とりあえずこれはどんな感じに仕上がるのか・・・!?


 別の教室では同じく三島手を前提としてこんな器を作ってみました。
 こちらは時間が足りずに、化粧土を塗るところまでいかず。素焼き後に改めて化粧土を塗る予定です。
 
 化粧土を塗った後の仕上がりがまだわからないので、難しさはわからず・・・土台となる器を1時間+アルファで作ることができれば2時間以内で作業が終わるかなという感じ。

あわせてお読みください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください